ずっと茨木

大阪府茨木市で子育てしながら生活を楽しむサイト

生きているミュージアム ニフレルへ行って来ました!後編

time 2015/12/17

ニフレルへ行って来ました、前編に引き続き後編へ。
※ここからはネタバレになります

 


 

 

みずべにふれる

IMG_4135

木立を連想させる空間をぬけて、光が差す広く開放的な空間へ。
「みずべ」にすむ生きものが大迫力でお出迎えします。
猛獣や珍しい生きものに驚きと感動の連続です。

IMG_4136
前回の「すがたにふれる」から照明がいっきに明るくなります。
IMG_4138
こちらはカージナルテトラというお魚なのですが、
IMG_4140
前回のアルソックに引き続き、こんなプレートがありました。

■前回の様子、ニフレル前編はこちら
エキスポシティ、生きているミュージアム「ニフレル」へ行ってきました。前編(ネタばれ)

IMG_4149
5・7・5でまとめられたスッポンモドキはこちら
IMG_4147
上陸せず・・・という最後の文面の潔さ。わかりやすい!
IMG_4151
またこちらのお部屋は照明がいっきに暗くなります。
入ってすぐ見えるのがなんと・・・IMG_4182
ホワイトタイガーです!
IMG_4179
ずっと寝転んでいたんですが、天井からスタッフが見えて立ち上がりました。IMG_4178
ウロウロしだします。
IMG_4181
気づけば、自分の真上にホワイトタイガーが歩いています!!
こんな所に通路が!!これはすごい迫力!
さっきまで遠かったホワイトタイガーが、とっても近く感じます。
よじのぼって見ていた子供も、見上げればすぐホワイトタイガーが歩く様子が見れます。
ところでこのホワイトタイガー、泳ぐこともあるらしく、泳ぐ様子は迫力満点らしいです!

IMG_4190
ワニもいましたが休憩しています。
カバもいるらしいのですが見当たりませんでした!
そしてこの室内にはカフェもあります!

ピクニックカフェ(イート・イート・イート)

IMG_4168
カフェのコンセプトは“ピクニック”。
IMG_4169
緑あふれる店内。
生きものを眺めながらカフェでお茶するという、新感覚な体験が出来ます。IMG_4171
そして窓の向こうには太陽の塔が見えます。
IMG_4173
キッズ用の飲食スペースもあります。
木製でかわいい。
IMG_4175
ぞうの椅子?や本棚には絵本も置いています。
img_taberumizu
ニフレルHPより引用
そしてメニューの中で気になるのがこちら。
食べる水!!¥250

うごきにふれる

IMG_4204
ここは生き物たちの遊び場です。一本の小川を隔てて行き交う生きものたち。
小川までが私たち人間のお邪魔できるエリアです。
生きものが自由に「うごき」まわる世界をすぐそばで感じられる新体験ゾーン。

IMG_4191
さあ!とにかく楽しい動きに触れるゾーンへ!
室内へ入るとまたなんとも不思議な光景が見えます。
IMG_4203

ワオキツネザルやカピバラ、孔雀などなど、目の前でくつろいでいます。
小学校の頃に体験した飼育係を思い出します。
自分が動物をかき分けて掃除したあの頃。
動物たちは全然動じずに、むしろアヒルに切れられて追いかけられたぐらいです。
なので、動物たちの大きなお部屋にお邪魔しま~す!といった感じ。

IMG_4197
すいません、洗面台使わせてもらっていいですか・・?といった気持ちに。
IMG_4224
ペンギンの水槽もこんな風に、
子供が水中も水面も見れる高さになっています。IMG_4196
フォトゾーン
スタッフの方がいてカメラで撮影してもらえます。(一枚1000円)
IMG_4193
大阪大学豊中キャンパス敷地内で発掘された
約45万年前の巨大なマチカネワニの化石を復元したものだそうです。
IMG_4195
ワニの下にいた鳥がかわいい・・・。
IMG_4216
鳥と言えばこちらの「アナホリフクロウ」。
大人しく止まり木に止まっていました。
もちろん鳥たちも、自由に飛びまわれるようになっています。
IMG_4243
そして同じフクロウがお手洗いの看板の上に。
スタッフの人に聞くと、この子達はいつもここに居るらしく、なんと双子なんだとか!かわいい~。
いっつも一緒にいるので、一羽が居なくなると何処行った!?と少し焦るんですよ~。
とかわいいエピソードが聞けました。
IMG_4248
このワオキツネザルが本当にのびのびとしていて面白いです。
スタッフさんが度々「おサルさんが後ろ通りまーす」と声をかけてくれます。
振り返ると自分の真後ろにいて、その距離に驚きます。
驚いたかと思うと、頭上を鳥がバサバサバサと飛んで行きます。
IMG_4255
動物たちの食事の時間を聞いてみましたが、決まっていないそうです。

つながりにふれる

壁と床、二面のスクリーンで迫力ある立体的な映像を楽しめるシアター。
自然・生きもの・私たち・現代生活にある「同じもの」と「違うもの」、つながりを問いかけてます。
IMG_4269

授乳室・オムツ交換台

IMG_42711階・2階にあります。授乳室とオムツ交換台(ベビーベッド)
こちらは最後のゲート手前にあります。

ショップ

IMG_4273

他の水族館と比べてお土産ショップがとってもかわいい!!
そしてベビー・キッズの洋服や小物などもあり、商品を見るのが楽しい!
他にもかわいいグッズがいっぱいです。
そして帰ってから気づいたですが、ショップ内にはこんなレアなものも!

img_fuchico
ニフレルHPより引用
ニフレル限定フチ子さん!!肩に乗っている鳥がかわいい・・・。

sponsored link

おわりに

ニフレルは、「感性に触れる」というテーマにこだわり、
海遊館が25年の運営経験を活かし、3年もの時間をかけて構想された施設です。
実際行ってみても、映像や照明、音楽や空間がとても素敵です!!
そこにこだわっただけあり、今までの水族館よりもじっくり眺めたり、観察することに大人も子供も集中出来ます。
面白い生物の特徴をわかりやすく見せられることで、今までよりも楽しめることが出来ました。
展示室を7つのゾーンに仕切っているところも、飽きずに見れるポイントだと思います。
特に照明・映像の空間に関しては、今までになく新鮮に感じました。
3年ほど前から色んな動物園や水族館をまわり、誘致する生きものたちを探し交渉してきたというニフレルの館長さん。
そんな館長さんの情熱もこのニフレルに詰まっています!
まだの方も是非実際に感性を刺激されにニフレルへ!

エキスポシティ、生きているミュージアム「ニフレル」へ行ってきました。前編(ネタばれ)

INFORMATION
生きているミュージアム
ニフレル

IMG_2972


【住所】大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
【電話】0570-022060(ナビダイヤル)
【営業時間】10:00-20:00
※最終⼊館は閉館の1時間前まで
※季節により営業時間が変更になる場合があります。
【休館日】年中無休
※ただし、設備定期点検等のための臨時休業する場合がございます。
【HP】 http://www.nifrel.jp/

大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル

rarapomatome

いいね!を押して
「ずっと茨木」をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

きなこ

茨木市で生まれ育ち、結婚後も茨木市で子育て中。3歳と5歳の息子がいます。

sponsored link

down

コメントする




Sponsored Link

カテゴリー

全部開く | 全部閉じる

アーカイブ

今週の人気記事



sponsored link